サッカーワールドカップ記念絨毯|2006年ドイツ大会

2010年サッカーワールドカップ南アフリカ大会記念絨毯

サッカーワールドカップ記念ペルシャ絨毯
2014年サッカーワールドカップ
ブラジル大会記念絨毯
主任製作者 カゼミハメド・ホセイン氏 プロフィール

 2014 ブラジル大会記念絨毯
 2010 南アフリカ大会記念絨毯
 2006 ドイツ大会記念絨毯
 2002 日韓共同大会記念絨毯
 1998 フランス大会記念絨毯
ペルシャ絨毯直輸入販売・メンテナンス専門店 サンアイカーペット
記念絨毯制作会社サンアイカーペット













   
 戻る
2006年 サッカーワールドカップ ドイツ大会 記念絨毯

 1998年のフランス大会記念絨毯2002年の日韓共同大会記念絨毯のデザインは、デザイナーによるフリーハンドでデザインを起こしましたが、今回の2006年ドイツ大会記念絨毯のデザインは初の試みとして、 前回の2002年日韓共同大会の記念絨毯よりも、もっと大きなスケールで、今回の2006年ドイツ大会記念絨毯も制作し、サイズや配色数・ノット数のレベルを上げました。
パソコンを使用してデザインを作成しました。 今回もカゼミハメド氏自身で作成し、全ての工程を監督しました。
デザインについて
2006年サッカーワールドカップドイツ大会記念絨毯
  絨毯の両サイドの部分は、前回同様ドイツ大会の出場国の国旗と出場回数を織りこみ、さらに、前回の日韓共同大会記念絨毯よりわかりやすく、グループ分けして織り込んでいます。
絨毯中央部には、ベルリンのスタジアムを、上部左側にはドイツを代表する世界的ストライカー・皇帝フランツ・ベッケンバウアー氏を、右側には、FIFAの会長ブラッター氏を織り込んでいます。 絨毯下部中心には、ドイツ・ベルリンのシンボル・ブランデンブルク門を、その両サイドには、世界遺産に登録されているイラン国・ペルセポリスが織り込こんでいます。 ドイツ大会記念絨毯も、カゼミハメド氏の願いでもある、平和の象徴「ハト」をデザインしています。 
 織りの製作日数は、24時間体制を組み、6人で交代しながら約150日間かかりました。
 織りあがったドイツ大会記念絨毯は、フランス在住の絨毯コレクターが所有しております。
絨毯の仕様

産 地:タブリーズ
サイズ:200×300(cm.)
素 材:ウール&シルク
配色数:125色、、
ノット数:640,000ノット/u
ラージ数:55R
                                           









                    お問合せ制作会社概要ショールームプライバシーポリシー 
Copyright (C) Sun Ai Carpet Company, All rights reserved.